料金表の治療は保険治療でも行っているものもあります。当クリニックは各種保険診療も行っています。
保険外で行う場合とは材料や方法が異なります。詳しくはスタッフにご相談下さい。
保険外の詰め物、被せもの、インプラントは当院にて2年間の保証があります。
3年以上の保証を希望の方は第三者機関による保証を行っております。
保証には定期検診を受けることが条件となっております。

当院の診療メニューについて

・マウスピース矯正治療 20,000円〜
・セラミック治療 33,000円〜
・ホワイトニング 11,000円〜
・インプラント治療 200,000円〜

歯科検査

歯科ドック(精密歯科検診、虫歯リスク検査、歯周病リスク検査、顎関節検査、噛み合わせ検査、顎関節検査、口腔内癌検査) 33,000円
虫歯リスク検査 11,000円
歯周病リスク検査 22,000円
噛み合わせ検査 11,000円
口腔内癌検査 5,500~11,000円
CT撮影 5,500~11,000円/回
細胞診検査 8,250円
病理組織検査 11,000円
セカンドオピニオン 1,100円/回(30分)
歯科相談、歯科レクチャー 1,100円/回(30分)

特殊治療

リラックス治療(鎮静麻酔) 110,000~165,000円
短期集中治療(回数を少なく、一回の時間を最大限にした治療、忙しく回数を減らしたい方) 11,000~33,000円/回
専門医師連携治療(各分野の専門歯科医師が連携治療を行います。最高の治療を求める方) 33,000~88,000円/回
スポーツマウスピース 11,000~22,000円
睡眠時無呼吸症候群マウスピース 11,000~22,000円

根管治療

抜髄 33,000円
感染根管治療 55,000円
再植治療 55,000円
歯根端切除術 55,000円
穿孔部位の修復 33,000円
根管内異物除去 33,000~110,000円

外科治療

親知らずの同時抜歯 33,000~110,000円
歯牙移植 110,000円
小帯切除 6,600~11,000円
過剰歯抜歯 11,000~33,000円
粘液嚢胞切除 6,600~11,000円

歯周病治療

歯肉移植 11,000円
歯周整形治療 5,500~55,000円
再生療法 44,000円
光殺菌レーザー 5,500~55,000円
バクテリアセラピー 2,200~33,000円
フラップ手術 11,000~44,000円

ホワイトニング

オフィスホワイトニング 11,000円
ホームホワイトニング 11,000円
デュアルホワイトニング 22,000円
ウェディングホワイトニング(デュアルホワイトニング合計4回まで) 39,600円
ウォーキングブリーチ 11,000円
歯肉ピーリング 2,200円

インプラント治療

インプラント(インプラント体+上部構造) 330,000円/本
骨再生 11,000~55,000円
ソケットプリザベーション 5,500円
ソケットリフト 11,000円
サイナスリフト 110,000円
インプラント画像解析、プランニング 11,000~55,000円
インプラント仮歯 5,500~11,000円

コア(土台)

レジンコア 3,300~5,500円
メタルコア 5,500~11,000円
白金加金コア 11,000~22,000円
金合金コア 22,000~33,000円

詰め物

コンポジットレジン 11,000円
ハイブリッドインレー 33,000円
セラミックインレー 33,000~55,000円
白金加金インレー 33,000~55,000円
金合金インレー 55,000~66,000円

被せ物

仮歯 1,650~11,000円
ハイブリッドクラウン 33,000~44,000円
オールセラミッククラウン 44,000~88,000円
メタルセラミッククラウン 33,000~110,000円
ジルコニアクラウン 8,8000~132,000円
ラミネートべニア 88,000~132,000円
白金加金クラウン 55,000~88,000円
金合金クラウン 88,000~132,000円
ハイブリッドセラミックブリッジ 99,000~220,000円
オールセラミックブリッジ 264,000~352,000円
メタルセラミックブリッジ 99,000~440,000円

入れ歯

クーゲルホックアタッチメント 33,000~55,000円
磁性アタッチメント 55,000~77,000円
OPアタッチメント 55,000~77,000円
金属床(コバルトクロム床) 88,000~220,000円
金属床(チタン床) 110,000~330,000円
コンフォートデンチャー 55,000~330,000円
ノンクラスプデンチャー 88,000~165,000円
コーヌスデンチャー 330,000~990,000円
インプラントオーバーデンチャー 330,000~1,650,000円

訪問歯科診療

訪問診療 5,500~22,000円/回
嚥下内視鏡(VE) 22,000~33,000円

矯正治療

相談 無料
小児予防矯正(プレオルソ) 11,000~38,500円
小児床矯正 55,000~440,000円
小児本格矯正 110,000~550,000円
部分矯正 33,000~550,000円
成人ブラケット矯正 330,000~990,000円
インビザライン矯正 880,000~1,320,000円
舌側矯正 550,000~1,320,000円
ローコスト矯正 20000円〜
クリアコレクト矯正 330000円〜

専門医による根管治療

検査診断/カウンセリング料:
11,000円/30-60分(初診料、レントゲン撮影、口腔内診査含む)
※治療希望時は診査診断/カウンセリング料は治療費に含みます。

治療費 生活歯髄療法 根管治療 再根管治療 外科的歯内療法
前歯 33,000円 66,000円 88,000円 132,000円
小臼歯 33,000円 88,000円 110,000円 154,000円
大臼歯 33,000円 110,000円 143,000円 187,000円

生活歯髄療法後の根管治療、根管治療後の外科的歯内療法は差額分の治療費の請求となります。
(例.再治療から外科へ 前歯132,000円-88,000円=44,000円)

追加治療費

根管内異物除去 22,000円
穿孔修復 22,000円
MTA使用 11,000円
隔壁 5,500円
築造 レジン11,000円、ファイバーポスト22,000円
病理組織検査 8,800円(東京歯科大学千葉病院へ依頼)

初診時は診査診断/カウンセリング(30-60分)の御約束をとらせていただきます。
(当日は基本的には治療は行いません)

医療費控除について

医療費控除とは?

1年間に支払った医療費が10万円を超えた方を対象とした、税金の免除制度です。
確定申告による申請が必要になるほか、様々な基準が定められていますが、適用されると歯周病レーザー治療や精密根管治療などの治療費用の支払い時に納めた税金の一部が戻ってきます。

医療費控除の対象となりうるもの

医療費控除の対象としての医療費には、医療機関で支払った料金以外も含みます。
具体的には、下記のような費用です。

  • 診察費(審美歯科は除く)
  • 処方箋・処方薬
  • 市販の医薬品購入費用(必要性が明らかなもののみ)
  • 通院時の交通費(タクシーまたは公共交通機関を使用した場合のみ)

医療費控除を受ける場合には、上記の支払いを証明する領収書を紛失されないようご注意ください。

医療費控除の対象となる方

医療費控除を受けるには、1月1日から12月31日までの1年間に支払った医療費が合計で10万円を超えている必要があります。
なお、医療費はご家族と合算して申請できますので、一人ひとりの医療費額が少ない場合でも、合計で10万円を超えていれば控除対象となる可能性がございます。

医療費控除の計算式

医療費控除の額は、下記の計算式で算出できます。

数式1 (年間医療費-保険金等)-(※合計所得×5%)=医療費控除額(最高200万円)
※(合計所得×5%)は10万円が限度

ただし、この計算式で算出した医療費控除額がそのまま戻ってくるわけではありません。実際に手元に戻る金額は、下記の計算式で算出します。

数式2 医療費控除額×所得税率=実際に戻ってくる金額

所得税率は、課税対象となる所得の金額に応じて変わります。5%~45%まで7段階に分かれており、所得金額が高いほど増えます。

医療費控除の適用例

年収700万円の方の医療費が50万円だった場合

数式1 医療費控除額:50万円-10万円(※)=40万円
※(合計所得×5%)が35万円となるため、限度額である10万円が適用される
数式2 実際に戻ってくる金額:40万円×23%=9万2千円

年収(=所得金額)が700万円の方の場合、所得税率は23%です。そのため手元には9万2千円が戻り、実質的な負担額は40万8千円となります。

※所得税率は変更になる場合がございます。詳細は国税庁のホームページをご参照ください。

医療費控除の適用例

前述しましたように、医療費はご家族と合算して申請することができます。ご家族のうち、所得税率が高い方が申請すると控除される金額が増える可能性もございますので、ぜひご家族でご相談ください。
なお、確定申告をしていない場合は、医療費控除は最長で5年前までさかのぼって受けることができます。

また、医療費控除を受けるために確定申告を行うと、住民税も安くなります。ただし、安くなった住民税が適用されるのは翌年6月です。すぐに反映されるわけではありませんので、ご注意ください。